走って、パパして、仕事して。ときどき夫。。

45歳からマラソン始めました。夢はサブ3、富士山登頂競争完走。

僕は僕、私は私。。

4時30分起床。

 

走りに行くつもりです。

ただ色々グダグダしてしまい(洗濯とかはちゃんとした)、

気づくと5時30分。

 

シャワーを浴びる時間込みで1時間か~

 

それでも靴下を履き、

準備万端。

準備運動をしながら、

体のあちこちが凝っているのが分かる。

 

水曜日に走った後、

右足のハムストリングにハリがあったのも気になる。

 

入念に準備運動をし、

そこから補強運動をしました。

 

つまり走りに行くのをやめた(笑)

 

私の弱い部分を鍛える筋トレ。

(頭じゃないよ! 確かに弱いけどね!)

体幹を鍛えるトレーニング。

ストレッチ。

30分くらいかけてじっくりしました。

 

まあいいでしょう(笑)

明日はインターミッテント走の予定です!

 

 

 

 

僕は僕、私は私。。

 

 

昨日走ってて考えていたことがある。

すぐブログ記事にしようと思ったんだけど、

色々やばくないか? と思ったので一日置いてみた(笑)

 

でもこれは私のブログ。

私は私なのだから、

私の思うことを書けばいいわけで。

(他人への誹謗中傷でなければOKと考える)

 

 

まずこんなことを考えたきっかけは、

暑い中こんな風に、

しかも何の意味も持たないだらだらさで6kmほどを走っていて、

意味があるのだろうか?

 

暑さでしんどくなっている体を休ませる方が正しいのではないだろうか?

でもだらだらでも走らないと、

体重は増加し、気力は減少する。。

 

 

ブログやツイッターを見ると、

ロングを走っている方が沢山いる。

スピードを上げて走っている方が沢山いる。

ペヤングの超超超大盛を食べている方が沢山いる(笑)

 

 

果たして私はこんなんでいいのだろうか?

 

30km以上走ったり、

全速力で走ったり、

ペヤング食べたりしなくていいのか?

 

それが昨日のブログ。

夏の走り方。。どれが正解ですか?

になった。

 

 

でも昨日書きたかったのはそこではなくこれなのだ。

 

私なりに出た結論。

それはどれも正解(笑)

 

 

全ては自分で選択すべきこと。

 (今日走らなかったことも(笑))

 

 足が痛い人がいる。

それでも走ってる。

私も去年そうだった。

その結果、

サブ3.5達成と故障の悪化により長期に渡り苦しむということになった。

 

昨年の9月故障発生した。

だましだましで11月頭の大阪淀川マラソンで3時間25分台で走った。

ところがそこで故障が悪化し、

それでも休んでは走りを繰り返し、

DNF、DNF、ぎりぎりサブ4、DNSという残りシーズンとなった。

 

何が正解だったのだろう。

9月の時点で、

しっかり休足して(半月以上の休足はした)、

足を完全に治すことを選択するべきだったのか?

 

そこまで絶好調だった。

このままいけば3時間20分カットを狙って走れるのではないかという状態で9月末まで来ていたのだ。

私は目を瞑った。

これはひどくない。

走れる状態だと。

そして実際に走れた。

 

その時その時でどんな選択をするのかでその後は変わる。

どんな結果になろうと自分で選択するしかないよね。

 

 

私のブログを読んで、

こうした方がいいよ。

ああした方がいいよ。

というコメントを頂けるのはありがたいことです。

私はいただけた方が嬉しい。

結局決断するのは私なのだから情報は沢山あった方がいい。

そう思っています。

 

 

人生全て決断の連続だ。

後回しにしていいことは少ない。

選択の連続だ。

正解はない。

両方とも正解かもしれないし、

どちらを選んでも不幸になるかもしれない。

ただそれを選ぶのは自分なのだ。

 

そしてどんな困難なことが起こっても、

人生という長い時間の中では大したことではないのだろう。

 

 

若い頃、死にたいと思うほどの悩みであっても、

大人になるとなんであんなことでと思うことがほとんどだ。

会社を立ち上げて、

電車に飛び込もうかと思った瞬間もある。

でもね。全ては自分が選択したこと。

そして人間は死んだらそこで終わりと私は思ってる。

(家は高野山系の宗派ですが神も仏も北川景子も拝んでます)

どんなに苦しくても、

どんなにカッコ悪くても、

どんなに蔑まれようとも、

頑張ってやってみよう。

そう思うようにしている。

というか自分で自分に言い聞かせている。

 

 

人生も半分以上終わった。

私はいつも思ってる。

いつ死んでもいいと。

そしてそれを待ってる風もある。

(こう書くと語弊があるけど、死という終わりがあるからこそ人は頑張れるし、楽しむことが出来ると思っている)

ただその時をじっと待っていたくない。

 

じたばたしたい。

楽しいと思うこと。

困難だと思うこと。

子供たちに残してやれること。

家内が幸せだと感じてくれること。

色々なことにチャレンジしたい。

 

逆に、

苦しくなったり、

辛くなったり、

子供たちに嫌われたり、

家内を不快にさせたり、

そういうことも起こるであろう。

 

それでもじたばたしたい。

 

 

私は経営者として、

リスクを取らねば利益は得れないと常々思っている。

 

 

ラソンの話でなくなってきてしまった(笑)

 

まあなんだ。。。

暑すぎて私がランニングをさぼっていても、

それは自分の選択ってことで(笑)

そんな言い訳のためのエントリーっちゅうことで(笑)

 

ブログランキング。今何位?

↓応援ポチりお願いします.

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村