走って、パパして、仕事して。ときどき夫。。

45歳からマラソン始めました。夢はサブ3、富士山登頂競争完走。

ズームフライフライニットVSターサージール5【承】

昨日、娘がスキー合宿から帰ってきた。

私が帰宅したのは21時前。

ストーブの前で爆睡する娘。

布団で寝ろと促しても全く相手にされず(笑)

 

今朝起きたらいつの間にかベッドで寝てる。

出勤する8時15分まで起きてこなかった(笑)

 

まあ怪我なく帰ってきただけで良し。

 

今朝はジョグ。

 

6.25km 50.26 (8.04/km)

 

相変わらずのキロ8ジョグ(笑)

いいねん。

明日頑張るから今日はこれで。。

 

 

 

ズームフライフライニットVSターサージール5【承】

 

 

ズームフライフライニットVSターサージール5【起】

 

 

私は加古川ラソンでズームフライフライニットを履く決断をした。

たった5km試しただけで(笑)

 

 

私のここまでのフルマラソンの全成績(全てネットタイムで)とシューズ。

 

2015年

10月25日 大阪マラソン 3.57.48 初フル アシックスDSトレーナー

12月23日 加古川ラソン 3.44.07 アシックスDSトレーナー

2016年

11月23日 福知山マラソン 3.40.02 故障明け アシックスライトレーサーRS

12月23日 加古川ラソン 3.38.50 アシックスライトレーサーRS

2017年

2月19日 泉州国際マラソン 3.33.54 アシックスターサージール4

11月5日 大阪淀川マラソン 3.26.22 サブ3.5達成 アシックスターサージール5

12月23日 加古川ラソン 15kmDNF 故障中 アシックスターサージール5

2018年

2月18日 泉州国際マラソン 3.57.22 故障中 アシックスターサージール5

11月25日 大阪マラソン 3.32.32 故障明け アシックスターサージール5

 

 

そして私の10本目のフルマラソンが、

2018年12月23日の加古川ラソン

 

2017年初冬から9か月間に亘る長期故障で満足な練習は出来てなかったけど、

前走の大阪マラソンでは27km過ぎまでかなりいいペースで走れた。

そこで私が立てた目標が、

 

2019年大阪マラソンアスリート枠獲得の、

3時間25分カットへの挑戦。

ダメでもサブ3.5復活。

 

 

ズームフライは足への負担が少なく、

ダメージが低い。

そういう評判にかけてみようと思った。

ターサージールで27km地点までは快走した。

1カ月後のレースで上乗せが期待できるし、

更にズームフライ。

 

一気に目標を達成!

という夢を描いた。

 

 

結果は25kmくらいまではほぼ想定通りに進んだ。

そこからはお腹を壊し、トイレ(大)との戦いになった。

結局2回トイレに駆け込み、

かなりのタイムロスをした。

更にお腹が痛くてスピードを上げれない。

心も折れての大惨敗。。。

 

3時間45分15秒

 

3時間25分カット!

と目標を掲げていた自分が恥ずかしい。。

 

 

このレースの後、

私はズームフライフライニットのレビューを書いている。

 

 

5km地点で非常に足に疲労を感じた。

これはもたないと思った。

 

まず走り方が変わった。

 

私は典型的なかかと着地ランナー。

ミッドフットとかフォアフットとかにしようと思い、

フォーム改造なんかにも取り組んだけど結局ダメ。

 

自分では改造されてきたと思いながらも靴のすり減り方を見ると、

必ずカカト側の外側から削れている。

 

踵着地にはズームフライは合わないとも言われていることも知った上で購入はしている。

 

ジョグのような感じで走っている時にはシューズの良さは全く分からない。

クッションはある。

ふにゃふにゃする感じがある。

アシックスでいうとニューヨーク2000GTやDSトレーナーくらいの柔らかさがある。

初心者~サブ4ランナーを目指す方推奨くらいのシューズだ。

 

ズームフライのレビューでかかとが安定しないという意見も多かったけど、

フライニット素材だと足がぴったりと収まる。

かかとが安定しないと言われる理由がもう一つあると思う。

靴のソールが地面にピタッと合う感じがない。

起き上がりこぼしのように後ろへごろんと前へごろんとそんな感覚がある。

 

(中略)

 

走りだしてスピードを上げようと思ってもうまく行かない。

足を出して身体のなるべく下でついてという感じ。

出して引く。

出して引く。

 

そう意識すると自然とスピードに乗る。

(上手く出来てるかは分からない。私の意識)

 

今度はスピードが自然と上がり、

抑えることを考えながら前半は走った。

 

すると使う筋肉がいつもと違う。

今まで5kmでは感じたことのない疲労感に襲われた。

 

でも10km、15kmと進むとその疲労感も全く感じなくなった。

 

お腹の問題で結局上手く走れたのは29kmまでだったけど、

次のレースもこれで行こう。

そう思えた。

 

フルを走り切ってないし、

同じ日にターサーで走っていたらどうだったかなんて検証できないのでなんともいえないけど、

足全体の疲労感は薄底より少ないと思った。

後半ジョグになりいつも同じような走り方になったのか足の関節の裏側にびりびりとは来たけど、

レース後も翌日も翌々日も(笑)ダメージはめっちゃ少なかった。

まあ後半ジョグやったせいもあるけど。

 

筋肉痛が太ももに強く出た。

これも今までのレースと全く違う。

私の弱点であるふくらはぎや脛には筋肉痛が少なかった。

 

ピッチ良く走ったつもりだったけど、

(出して引く、足を回す意識だったから)

ガーミンの記録を見ると、

1分平均のピッチは2~3少なくてストライドが伸びていた。

 

私の平均ピッチは185だけど、

それが181~184くらいだった。

 

実際に狭山池でたまにご一緒するたけさんからは、

走り方がいつもと違う。

ストライドが広がってる感じだ。

と走っている途中で言われたのでそういうことなんだろう。

 

ズームフライフライニット、

いいシューズだと思う。

 

 

この続きも終始ズームフライを絶賛している。

高いだけのことはある! と。

姫路城マラソンもこのシューズで行くと締めくくってある。

 

 

つまりはこの加古川ラソンで目標を達成できなかったのはお腹を壊したせいであり、

もしそれがなければ私は目標を達成できていたはずだ。

 

というニュアンスである。

まあ言ってみれば負け惜しみ(笑)

 

 

そして年始。

1/1~5まで暴飲暴食。

走らず。

その後、風邪を引き全く走らない日々。

食欲だけはあり、

体重は過去最高まで。。

 

先々週の水曜日、

先週の水曜日と30kmペース走に挑戦した。

ズームフライフライニットを履いた。

 

 

結果は、

18km激沈の20kmまでと24km激沈の25kmまで。

 

それもこれも1月の前半に全く走れず、

体重が過去最高を記録したせいだ。

と私は考えていた。

 

 

そして。。

ふと。。

まてよ。。

と思った。。

 

ちょっともう一度考え直してみようと。

姫路城マラソンでの私。

快走は期待できない。

記録への期待も持てない。

でも精一杯頑張りたい。

来シーズン、一気の飛躍を目指して、

今出来る精一杯の走りをしたい。

なんといってもシーズン最後なのだから。

 

 

ここで私が思ったのは、

やはり。。。

 

実績のある、

ターサージール5

で走るべきなのではないのか?

 

 

一昨日、こう考えるまでは全くそういう選択肢を考えなかった。

 

私が加古川ラソンで激沈したのはお腹を壊したからであって、

ズームフライで走れば最後まで足がもって、

ある程度の走りができたはずだ。

私は何もそれを疑ってなかったのだ。

 

 

ズームフライフライニットとターサージール5

 

私はもう一度同じ土俵にあげて考えることにした。

 

 

つづく。

 

ブログランキング。今何位?

↓応援ポチりお願いします.

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

 

減量挑戦10日目 2/4 月

体重 68.3kg (69.9kg⇒目標60kg) 24.3%

食事 2376kcal(目標2400kcal)

運動 10903歩 休足