走って、パパして、仕事して。ときどき夫。。

45歳からマラソン始めました。夢はサブ3、富士山登頂競争完走。

向き合うということ。。

今朝は走るつもりでいましたが、

休足にしました。

リハビリランを初めてちょうど2週間。

1日おきに走ってきました。

 

昨日ランオフしておりますので今日は走る日。

 

明日は水曜日でいつもより長くランの時間が取れそうなので、

泉州マラソンに向けてサブ4ペースで10km以上走りたい。

なので今日はゆるジョグで6kmほど。

そう思っていました。

 

 

実際、

4時15分に起きて洗濯、ゴミだし。

いつもならここからウォーミングアップをして出発するのですが、

今日は何故か今このブログを書いています。。

 

1日おきに走ってるから、

少しでもカロリー消費したいから、

月間走行距離を少しでも伸ばしたいから、

という理由で今日走る必要はないなー

と思ったのです。

 

故障していなければそれもありなんでしょうが、

今はその理由で走る必要ないや。

 

 

明日は走る。

泉州国際マラソンのスタートラインに立つためには、

ちゃんと走れることを確認しておく必要がある。

明日走れなければDNSした方がいい。

沿道から応援した方がいい。

 

今までこんな風にランオフを決めたことはない気がする。

 

自分の体と自分の気持ちに向き合った。

 

 

昨日こんな本を買った。

 

f:id:Choei:20180130115429j:plain

 

私は星野仙一氏が亡くなった次の日にこんなブログを書いた。

走れないので。。珍しく野球の話。。

 

私が有名人の方の死で涙をしたのは北杜夫氏の時以来だ。

 

 

星野さんといえば鉄拳制裁。

燃える男。闘将。

聞こえはいいが周囲とは軋轢を生む。

 

芸能界でもスポーツ界でもまたどんな世界でも、

長年に渡って愛される人、影響力を持ち続ける人というのは、

ブレークした人でもメダルを取った人でもない。

やはり成績ありきだがそこにその人の人間性が大事だと思う。

 

人間性や性格というのは持って生まれたものもあるけど、

自分で作っていくこともできると思う。

それを意識し続けることによって、

自然とできるようになるだろうし、

その姿を見た他人はこの人はこういう人なんだと思うようになる。

 

私はそう思う。

私がなかなかできないのはやはり持って生まれたダメなとこがすぐ顔をだすからだ。

後で猛烈に自分が嫌になる。

まあ置いとく(笑)

 

 

今回の星野仙一特集号を読んで強く思ったのが、

野球、選手、家族、ファン・・・

ひとつひとつと真剣に向き合っておられたということだ。

 

 

来年中学生になる娘がいる。

微妙な年頃の感じだ。

悩みを抱えている。

 

詳しくは書けないが、

娘はある考えを持っている。

ずっと一時のことだろうと真剣に考えなかった。

いや、考えたこともあるけど時間が解決してくれると思った。

 

でも最近またそれを言う。

早いうちに家族全員が納得する形の結論をださなければいけない。

 

私はまず反対の意向を明確にした。

その裏で家内にはそれでも娘がそうしたいのなら、

今度は全面的にうまくいくようにバックアップすると伝えた。

 

話の窓口は家内だ。

娘の心の中。

どこまで全員が納得した形の結論を出せるか。

 

とにかく娘としっかりと向き合うことが大事なんだろう。

 

 

小4の息子とは毎日のように風呂で話をする。

寝るときもシングルの布団で私と二人で寝ている(笑)

毎晩抱きつかれて眠れない(笑)

娘のことがあっても息子を忘れてはいけない。

しっかりと向き合わなくてはいけない。

 

 

もちろん家内も。

というか私はいつも家内の言葉、行動には神経を研ぎ澄ませている。

怒られないように喧嘩にならないようにびくびくしている(笑)

常に緊張状態(笑)

間違いなく向き合っている。

目が合った時はそらさないようにしている(笑)

何かやましいことがあるのではないかと勘繰られても嫌やし(笑)

でもなるべく目が合わないようにしている(笑)

 

 

仕事、お客様、従業員(私含めて3人やけど)、取引関係者。

しっかり向き合っていかなければ将来はない。

 

 

健康、お金、両親。。。

 

これから色んなこととも向き合っていかなくちゃいけませんね。

 

 

あ~ら不思議。。

マラソンと向き合うという話を書こうと思ってたのに。。

こんな話になっちゃいました。。

 

明日は走った話を書きますよ。

 

 

ブログランキング。今何位?

↓応援ポチりお願いします.

[http://
にほんブログ村