読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

走って、パパして、仕事して。ときどき夫。。

45歳からマラソン始めました。夢はサブ3、富士山登頂競争完走。

サブ3を目指すならそれなりのことをしとかんとあかんのじゃないかと考えるようになった今日この頃。。

座学 練習・調整(2016) 故障・メンテナンス

本日のラン★ 2.2km 15.46(7.10/km) 息子とラン~デイリーまで

今月の走行距離★ 162.08km (目標275km)

 

 

今朝は娘が1泊2日の林間学校への出発日。



お弁当を作る家内と走るという息子を4時30分に起こす。


私と息子は朝食のパンを買いに行きがてらラン。

 

f:id:Choei:20160721134204j:plain


身体中に筋肉痛。
バッキバキ。。


というのも、
昨日は月に一度の身体のメンテナンス日。

 

友人でもあるT君に整体と鍼をしていただきながら、
またその後お茶をしながら、
今まで痛めた箇所や私の筋肉の張りなどを検証しながら、
色々話しをした。

 

 

ここ数日右足のうちくるぶし付近に怪しい痛みがあった。

以前も同じとこ痛めたよね~って話しから、

以前、アシックスのラボの走り方測定で、

右足オーバープロネーション気味といのが出ていた。

 

 

オーバープロネーションは治せるのか?

 

という質問から始まり色々と教えてくれた。



そして、
分かったこと。


突きつけられた事実。。


私はマラソンランナーの理想的なフォームの身体の使い方とは正反対。


対局に位置してる。

 


はっきり言って一番マラソンに向いていない身体の使い方を47年近くしてきたという、、、


そういうことらしい。

 


理想のフォームというのはあるのだろうか?

でも必ず言われるのが、


・腰高
・前傾
・足をまっすぐ出す

 

 


私の筋肉のつき方。使い方。



骨盤が落ちている→猫背→ストレートネック→O脚→内股

 

腰が低いということで上記のような悪い連鎖を起こしているとのことらしい(ノД`)・゜・。



つまりは、
腰高に走っていることをどれだけ意識しても、
これまでの47年間の身体の使い方がそれを阻んでしまう。



それを解決するためには、
時間をかけて努力するしかないな〜と感じている。



自分で出来る腰高にするための筋トレ(自主整体)とストレッチを教えてもらったので、
身体の使い方、
筋肉の使い方を根本から変えるために努力してみようと思う。

 


トレーニングとしては遠回りになるかもしれないけど、
1カ月に1回の整体と毎日のセルフトレーニングで、

筋肉の使い方、骨盤の位置を矯正していこうと考えている。。

 

 

 

昨年の4月から走り始めて以来、

走りこめば自然と走りやすいフォームになるやろう。

人から見て変なフォームでも関係あらへん。

 

シューズや道具に関してもあまり高価なものはいらんな~買えんし、

買ったら怒られるし、

 

アイシングやストレッチめんどくさい~

 

ランニング後の食事や水分補給。ま~適当に。。

 

楽しく走れればいいや~

って感じだった。

 

 

それはそれでいいと思う。

 

目標が完走やサブ4なら(女性なら4.5くらいでしょうか)。

 

 

でも最近、考え方が変わりました。

 

 

サブ3を目指すならそれなりのことをしなければあかんのじゃないでしょうか?

(ちなみに私はまだ3時間45分をやっと切ったばかりの初心者ランナーですが・・・何か?)

 

 

それは、なんというか、記録を出すためだけではないんです。

長く趣味を楽しむためにも、将来の自分の身体を守るためにも基本的なことをやっておかなくちゃいけないんじゃないかと。

 

今20代、30代の方が将来のサブ3を目指すのは簡単ではないけど、

難しいことではないのかもしれません。(どっちやねん)

 

 

45歳から走り始めサブ3を目指すというのはちょっと大変だと思うんです。

それでも50代から始めて達成されている方や、

そういう方が沢山いるのは確かです。

 

だから私もサブ3を目指して頑張れば、

達成できるかもしれないし出来ないかもしれません。(だからどっちやねん)

それは分かりません。

 

でもそこを目標にするからには、

それを達成するための練習をしなければならない。。(これは間違いない)

 

しんどい、きつい練習。

でも目指すならしなければ。

 

 

そこで思ったのが、

アスリートのように自分を追い込んで練習するわけです。

(はい。掛ける時間もレベルが違うのは分かってます)

 

ということはそれなりの理論やケアやアイテムが必要になってくるんじゃないでしょうか?

 

それなしでも達成は可能なのかもしれませんが、

 

我々がそこを怠り、

ただがむしゃらに練習していたら、

 

目標を達成してもその後ですね、

 

 

70歳とか80歳になった時、

足や腰に障害を抱えて杖なしでないと歩けないとか、

車いすでの生活とか、

大きな内臓疾患を起こすとか、

またそれ以前に練習中に倒れるとか、

大きな故障をするとか、

 

 

若い時の無理がたたった(若くないけど)とか、

今の練習がそれこそ年寄りの冷や水となり、

自分だけでなく周囲に迷惑をかけるようなことになったらあかんな~

 

と最近思うんです。

 

 

だから道具も小遣いの範囲内ですが安物の銭失いにならないようもの。

アイシング、ストレッチも出来る時はやる。

ランニング後のプロテインや栄養補給。

水分補給。

そして何よりも少しでも身体に負担のかからない走り方。

効率のいい練習。

 

 

こういったことを足りない頭で少しでも考えていかにゃあかんな~

出来る範囲で実行していかなきゃあかんな~

とこの数日考えていたんです。

 

そして昨日、

私の身体についてそんなアドバイスをいただいたんで、

日々の自己整体、腰を高くする筋トレ、ストレッチなど私の性格からすると毎日は出来ないやろうけど、

出来る範囲でしていきたいな~と考えている。

 

★100日チャレンジ57日目終了★

 

昨日のラン★ 25.09㎞

今日のラン★ 2.2㎞

合計走行距離★ 476.52km (あと423.48km) (目標900㎞)


体重 ★  昨夜64.3kg (目標60kg)

スピ練★  11/18回 

 

ブログランキング。今何位?

↓応援ポチりお願いします.

[http://
にほんブログ村