走って、パパして、仕事して。ときどき夫。。

45歳からマラソン始めました。夢はサブ3、富士山登頂競争完走。

水都大阪100kmウルトラマラニック4日前!決断しました。私のサラリーマン時代。。出世、裏切り、降格。。。④

水都大阪100km4日前。

 

走るかどうか結論を出す日が来ました。

 

 

走る! 予定です。

 

 

日曜日、帰宅ランもまともに出来ず、

昨日まではDNSするつもりでいました。

 

今日走って気が変わりました(笑)

10km走りました。

 

10.02km  58.26  (5.50/km)

 

故障に関しては、

治ったよ! って言ってもいいレベルです。

 

 

ただし、、!今日10kmぎりぎりでした。。

筋力が衰えてる。。

 

100kmなんてとんでもない!

っていう状態ですが、

痛みがないのだから走ろう。

 

 関門アウトの可能性大ですし、

ダメだと思ったら躊躇なくリタイアします。

リタイアポイントはしっかり予習しておく。

 

気持ち的には、

超ロング。

水都大阪のエイドは素晴らしい。

それを堪能しながらどれだけの距離を踏めるか。

 

走れるようになったことに喜びを感じながら楽しもうと思っています。

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・

 

 

 私のサラリーマン時代。。出世、裏切り、降格。。。①

 

私のサラリーマン時代。。出世、裏切り、降格。。。②

 

 私のサラリーマン時代。。出世、裏切り、降格。。③

 

 

平成13年4月、

神戸支店がスタートした。

 

順調だった!

と言いたいがなかなかうまくいかない。。

大阪は本当に営業しやすかった。

神戸はなかなか難しい。

 

実は京都に移動したパワハラ女性上司も苦戦していた。

 

ただ京都も神戸も初年度は赤字を出したが、

だんだんと軌道にのっていく。

 

 

問題は大阪だ。

初期メンバーを追い出し、

課長が支店長になったが、

残念だけどこの人は仕事が出来ない。

 

大阪支店は全国1位の支店からじりじり後退していった。

 

するとテコ入れで富山支店の部長が大阪支店に移動してきた。

ここからさらにギトギトのグチャクチャだ。

 

 

この部長にすり寄ったのが昨日登場したEだ。

我々が大阪に来て採用した社員だ。

 

 

部長とEは支店長である課長を追い出した。

まあ課長も自業自得だけどね。

部長代理を追い出した。

それから大阪支店が出来てから他支店から転勤してきた役職のある社員を全員追い出した。

 

名前だけの支店長を一人の常務が兼任し、

大阪支店は実質、

NO1、富山から来た部長

NO2、E

の体勢が確立した。

この部長以外全員、大阪支店が出来て雇った社員だ。

ただ前任の課長より仕事ができたため成績は上がっていった。

Eはすぐに大阪支店の支店長となった。

 

 

私たちの神戸支店は低空飛行だ。

それでも少しづつ軌道に乗り始め、

神戸で雇った社員も定着し、

30人弱の規模になった。

兵庫県の瀬戸内海側は全て網羅した。

 

ちなみに支店は西宮にあった。

理由は甲子園まで歩いていける距離(笑)

 

 

私は神戸支店が出来てその6か月後に結婚した。

半年の予定で大阪に来たのに、

大阪の女性と結婚し養子に入った。

人生分からない。。

 

 

 

神戸支店の体勢としては、

副社長格の常務がお目付役としていた。

F常務とする。

 

単身赴任で神戸支店と京都支店を担当していた。

社内で一番仕事が出来る方だった。

 

その下に愛知から部長が支店長として来た。

そして課長になった私。

 

F常務は私を買ってくれた。

 

 

平成18年36歳の時、

私は神戸支店の支店長に就任する。

会社始まって以来、

一番若い支店長の誕生だそうだ。

F常務の押上があったのは間違いない。

 

 

私の仕事は営業から管理へ。

全国の営業所の指導係へと変わった。

 

仕事の中で一番難しいこと。。

 それは人を使うこと。。

 

 

人に売らせることの難しさ。

自分で売る方が楽だ。

 

今考えると私は良い支店長ではなかった。

甘いんだよね~。

やはり部下に数字を上げさせるためには相当な厳しさも必要だ。

 

 

京都ではまたパワハラ女性上司が追い出されることになる。

岡山支店の設立だ(笑)

黒幕は大阪支店の富山から来た部長とEだ。

不満の溜まっていた京都の社員を扇動して常務、社長を説き伏せた。

京都支店は大阪支店に吸収された。

 

そしてね。。。

何故かここでも黒幕の名前に私が上がったんです。。。

知らんっちゅうの(笑)

 

 

私はこの頃全国に毎週出張に行っていた。

あ~、この頃マラソンと出会っていたら・・・

全国で旅ランが出来たし、

週末の出張に合わせて全国のマラソン大会にも出れただろうし、

ブログもしてたら沢山の方と交流できただろうな~

ストレス解消にもなっただろうに・・・

 

 

私の給料は年俸だった。

このころの年俸が700万。

もちろん支店の営業成績によっては減俸も報奨金もある。

 

 

平成19年、

支店の売上も厳しかったが会社全体の数字が低迷していた。

 

 

 

平成21年1月39歳、

F常務から呼び出された。

 

F常務、

「3月末で仕事を辞めることになった。まだ数人しか知らない。何度も社長と話して、やっと認めてくれた」

「新しく会社を立ち上げる。Choeiさえよければ一緒にやらないか?」

 

 

ありがたい話だったけど、その会社は東京が起点となる。

養子に入った身で子供は4歳と2歳。

社長へも恩義を感じている。

丁重にお断りした。

 

ただその後も度々飲みに誘ってくれて色々話をしてくれた。

東京支店の職員が5~6人常務について会社を辞めるらしい。

 

あかんことだ。

会社を辞めて独立するのにその会社の社員を引き抜くことはあるまじきことだ。

ただ私は社長も好きだったがF常務も好きだったので自分の胸にしまっておいた。

 

 

事件が起きた。

F常務が職員を引き抜いて辞めることが会社に発覚したのだ。

それにより約束されていた数千万円の退職金が支払われないということになった。

 

 

会社側にリークしたのは誰だ?

 

犯人は・・・?

 

 

 

私・・・だそうだ・・・(笑)

 

 

1月の初旬にF常務から私はやめる話を聞いた。

 

毎月月末前に支店長会議というものがある。

本社に幹部が集まりその月の数字の確認、

翌月の目標、新商品発表など丸1日行われる。

そのあとの飲み会も込みの会議だ。

 

 

1月末の会議、F常務は辞めることが決まっていたので出席しなかった。

 

そこで私の支店の発表の時に違う常務がこんな質問をした。

「Choei、東京支店の社員が何人か辞表を出してきたが神戸はどうなんだ?」

とこんな内容だったと思う。

 

当然、F常務のことが頭に浮かんだ。

しかしこの時点で会社側からF常務が辞めるという発表はない。

答えの正解は分からなかったけど、

「どういうことですか? 神戸は誰からもそんな話は聞いてませんよ」

そして東京支店の数字が下がったことをどう思うか聞かれ、

批判するようなコメントをしたのだけは覚えている。

 

この会議に出席していた東京支店の数人がF常務に私のことを悪く伝えたようだ。

 

 

さらに私は社長を中心とする会社側からも嫌疑の目を向けられる。

それは、

会社の会議の内容をF常務に伝えているやつがいるというのだ。

 

 

もちろん私ではない。

だってF常務は会社側にリークしたのが私だと思って以来、

どれだけ電話をしても出てくれなくなった。

私に対しては音信不通だ。。。

 

 

つまりどういうことか?

 

F常務が優秀な職員を引き抜いてやめると会社にリークしたのは私、

会社の重要な会議の内容を出席していないF常務に流してるのは私。

 

って・・・(笑)

F常務にとっても悪人、

会社にとっても悪人。

 

実際は両方知らん(笑)

 知らんっちゅうねん(笑)

 

 

この犯人はのちに分かった。

F常務のことを会社にリークしたのは一番近い存在だったあのパワハラ女性上司。

彼女は愛知⇒大阪⇒京都⇒岡山と追いやられた。

それでも担当常務となり彼女を支えていたのはF常務だ。

当然常務はこの女性支店長を誘っている。

そして会社に残ることと常務についていくことと天秤にかけて残ることを選択したのだろう。

残ると決めた瞬間、お世話になった常務を会社に売ったということだ。

きゃ~。。。。こわい。。。。

常務は一番近い存在に裏切られたことになる。

 

でもあれから10年たった今でもF常務は私が犯人だと思っていることだろう。

その後も3年は年賀状、2年はお中元、お歳暮を贈ったが一度も返信がなかった。

 

 

では会社の会議の内容をF常務に流していたのは誰だと思います?

 

 

実はやはり女性上司。。。(笑)

 

 

女性上司はF常務と会社側両方に私の名前を出したということだ。。

ほんまかいな? って感じでしょ。

きゃ~、こわい。。。

 

 

その結果どうなったか?

 

神戸支店は平成21年3月の時点で少し赤字を出した。

(会社全体が低迷し神戸支店はまだましなほうだったが・・・)

 

私は支店長から降格・・・

急降下・・・一気にチームリーダーまで降格・・・

 

神戸支店は大阪支店に吸収され、

大阪支店から新しい支店長(G)が送り込まれてきた。

(この支店長になった男は完全にEの息がかかっており私たちが大阪に来て雇った社員だ)

 

私の給料は700万から300万になった。。。

EとGが女性上司と結託して私のネガティブキャンペーンを行った成果だ。。。(笑)じゃなくて(泣)

 

 

とは言っても、

全ては私の責任。。。

組織というものが分かってなかった。

女上司やEや部長やそういう人たちは何かあったらすぐ本社に飛んで行って、

社長や役員に自己弁護、自分の正当性を訴え、疑いをはらし、

とにもかくにもコミュニケーションを欠かしていない。

それが嘘で汚いことであっても、

そうやって正義にしていく。

私はそれを一切しなかった。

事あるごとに、あれもこれも私のせいにされたが、

私の回りの人はそれを分かっていてくれたのをいいことに本社に飛んで行ったり、

上司に連絡をとったり、

そういうことを一切しなかった。

 

 

女性上司を愛知から大阪へ移動に追い込んだのは私だ。

でも大阪から追い出したのは私ではない。

そのときそのことをしっかりと女性上司と向き合って、

疑いを晴らすことをしなかった。

それをいいことに次から次へと何かあると私の名前が使われた。

全ては私自身の責任。

 

 

 

平成21年4月、

私は神戸支店の中でチームリーダーとしては末席で仕事をすることになる。

当然、大阪支店の支店長であるE、神戸支店の支店長になったGは、

私が仕事を辞めるだろうと思ってる。

 

 

つづく。。。

あと1回で終わらせます。

なんかドラマみたいやけどほんまの話(笑)

まあどこの会社でもちょっとはあるんやろうけどね。

 

ブログランキング。今何位?

↓応援ポチりお願いします.

[http://
にほんブログ村