走って、パパして、仕事して。ときどき夫。。

45歳からマラソン始めました。夢はサブ3、富士山登頂競争完走。

2019年丹後ウルトラマラソン100km回走録⑧80kmからゴール!

今朝も走ろうと思い4時に目覚ましをかけて就寝。

2度寝3度寝してしまったみたいで5時40分。

6時に娘を起こさないといけないのでもう走る時間はなし(笑)

 

とういうか。。

喉が痛い。。

風邪? 

ラソンの後は免疫力が極端に下がるとも言われているので気を付けないといけませんね。

とりあえず葛根湯を飲んで出勤しました。

 

 

さて丹後レポ。

ゴールまで行きますよ。

 

 

 

2019年丹後ウルトラマラソン100km回走録⑧~80kmからゴール!

 

2019丹後ウルトラマラソン100km回走録①~一夜明けて。。

2019年丹後ウルトラマラソン100km回走録②~丹後出走決意から前日まで。。

2019年丹後ウルトラマラソン100km回走録③~前日編

2019年丹後ウルトラマラソン100km回走録④~スタートまで!

2019年丹後ウルトラマラソン100km回走録⑤~スタートから30km 予定通りの滑り出し?

2019年丹後ウルトラマラソン100km回走録⑥~30から50km 絶望的な展開。。

2019年丹後ウルトラマラソン100km回走録⑦50kmから80km ぎりぎりの戦い。。

 

 

 

f:id:Choei:20190919184739j:plain

 

 

80km到着時間 15時31分32秒

残り20kmを2時間58分。。。

 

80~90km

 

碇高原が終わったからといって、

全くフラットではない。

ずっと登りと下りがある。

ここから9分カットして20kmを走らなければならない。

 

碇高原の下りを走り切り、

両足はぼろぼろだ。

一日中太陽の下を走り、

身体もぼろぼろだ。

 

それでも海を眺めた。

水がきれいで下まで透き通って見える。

きれいだ。

海、きれい。

そう呟いた。

 

 

制限時間ぎりぎりの私のエリアには沢山のランナーがいた。

タイタン(10回以上完走経験ある人)の人も何人もいる。

それだけ今日のレースは厳しいということだ。

 

 

完走率が出ていた。

 

f:id:Choei:20190919185222p:plain

 

100kmの完走率は53.76%

丹後の100kmにエントリーをした強者が集まっても半分ちょっとしか完走出来ない。

厳しいレースだ。

 

そのレースを私は今走っている。

 

 

最後の関門だ。

 

第四関門所

83.21km 丹後庁舎 関門時間 16時25分

 

15分前に入ることが出来た。

最終関門突破だ。

ここにもドロップバックを預けていたがそんな余裕はない。

水分補給をしっかりしすぐにコースへ戻った。

 

ここから本当の勝負だ。

ここからは気持ちだ。

 

ガーミンはとっくにお亡くなりになられている。

もうペースは分からない。

右手にはめているデジタルウォッチで時間だけは確認出来る。

 

距離は2.5km毎の距離表示がコースにある。

それと時計。

 

分かるのは歩いていたら間に合わないということ。

走らなければならない。

 

87.4km給水所 除雪車

89.5km給水所 あんじゅ

 

公式

90km 1.28.37(8.22/km) 17時00分9秒

 

この10km。。

とにかく頑張った。

本当につらい10kmだった。

でもここで頑張らなければ終わってしまう。

必死に走ったり歩いたりして8.22/km。

頑張ったと思う。

碇高原の下りの走りをなんとかつなげることが出来た。

 

 

とにかく、

あきらめない! 絶対自分からはやめない! 最後まで死力を尽くす!

折れない心だ!

金では駄目だプラチナの折れない心だ!

 

f:id:Choei:20190919191601j:plain

 

 

90km~ゴール

 

最後の10km

たった10kmと沿道の皆は言う。

でも。

90km走ってきた最後の10kmはとてつもなく長く感じる。

1kmが長い。

 

 

1時間29分51秒であと10km。

 

アップダウンの連続だ。

登りは走れない。

泣きたくなる。

でも全部歩いてしまうと確実にタイムアウトだ。

ここまで来てタイムアウトは絶対いやだ。

 

走れ! 走れ!

私の周りのランナーはみんな同じ気持ちであろう。

 

それでももう走ることが出来ない人も居る。

今走れなければきっと完走出来ない。

分かっているのだろう。

それでも走れないのだろう。

つらいと思う。

 

俺は?

走る!

もう走るしかない。

嫌だタイムアウトは嫌だ。

絶対完走する。

 

折れない心

 

応援隊が見えてきた。

 

f:id:Choei:20190919190837j:plain

 

絶対完走する!

 

f:id:Choei:20190919192515j:plain

 

かおりんからお茶飲む?

って聞かれるが余裕ない。

このまま行く!

と走る。

 

かおりんがお茶持って追いかけて来てくれた。

冷えたお茶。

身体に染みた。

美味しかった。

 

絶対完走する!

 

登り坂。

走ろうと思っても走れなくなる。

 

逆に温存しようと考えた。

登った後には下りがあるはずだ。

そこで走る。

 

下りになる。

よっしゃ!

と声を出して駆け下りる。

 

もうそこらじゅうが痛い。

そこらじゅうがマヒしている。

 

下りで決める!

下りで貯金を作る!

 

最後の最後までエイドはある。

 

時間と戦いながらも最後のエイドまで全て寄った。

 

残り5km。

そこから表示が1km毎になる。

 

長い。

長い。

1kmが長い。

 

最後の最後までセーフティーとは思えない。

苦しい。

身体はもちろんだけど、

心も苦しい。

ずっとぎりぎりで戦ってきたのだ。

 

絶対ゴールする!

 

 

残り5kmからは歩かなかった。

どんな坂道でも頑張って走った。

歩いている人よりも遅かったかもしれない。

でも後悔したくなかったから。

最後まで走るんだ。

 

残り距離が少なくなっていく。

 

ちらほらと仲間が声をかけてくれる。

 

最後の4kmくらいになり、

キロ10でもゴール出来る余裕が出来た。

沿道の方が教えてくれる。

でも不安だった。

私のガーミンは死んでいる。

自分がどれくらいのぺースで走れてるのか分からない。

 

でも必死にゴールを目指す周りの人たちと励まし合いゴールに向かえてる。

 

大丈夫なはずだ。

 

残り距離が少なくなっていく。

暗くなっていく。

 

えーかわさんが少し沿道を並走してくれていた。

ありがとう!

 

ちょーみんさんやサトさん、

みんなが声をかけてくれる。

 

 

残り2kmの距離表示は確かにみた。

 

でも残り1kmの距離表示を見落としてしまい最後まで不安だった。

 

沿道に沢山の人がおられる。

残り距離は分からなかったけど、

誰かがあと9分あるから大丈夫。

もう絶対ゴールは出来ると言った。

 

ここからは楽しんで! と誰かが言った。

 

私は手を上げた。

 

f:id:Choei:20190919193605j:plain

 

あと少し。あと少し。

 

f:id:Choei:20190919194057j:plain

 

ついに帰ってきた。

良かった。

 

司会者の声が聞こえる。

あと5分です!

 

私の名前を司会者が読み上げてくれた。

 

 

10m手前から両手をあげ、

空を見上げた。

 

ゴールテープを切った。

 

ゴール!

 

f:id:Choei:20190921151511j:plain

(オールスポーツの写真。1枚だけ購入したので貼付け)

 

やった。やった。やった。

もう走らなくていい(笑)

 

そこに家内が居たら抱きついただろう(笑)

居ないけど(笑)

近くに綺麗なお姉さんはいないか探した。

抱きついたら逮捕されると思い留まった(笑)

 

 

反転し、

おじぎした。

 

 

続々とゴールしてくる。

みんな、やったね!

 

メダルをもらった。

今までで一番嬉しいメダルだ。

 

 

腰かけてシューズのタグをはずしてもらった。

 

声をかけてくれる仲間と握手しながら、

完走証を発行してくれるところに並んだ。

 

そこで、

後半3人で完走しようと誓い合った、

ロボッチとまくりくままさんと会った。

それぞれと握手した。

 

やったね!

 

 

 

完走証をもらった。

 

f:id:Choei:20190919194856j:plain

 

ラップ表

 

f:id:Choei:20190921152146p:plain

 

 私は確かに丹後ウルトラマラソンの100kmを完走した。

 

つづく。

 

ブログランキング。今何位?

↓応援ポチりお願いします.

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村